Bee Kids(ビーキッズ)

小学英語we can

「読む」「聞く」「書く」「話す」の4つの力をバランスよく育てる

今英語教育はどうなっているの?

  2020年度より小学3年生から英語教育が必修化となり、小学5・6年生は英語が正式教科となり成績表に反映されるようになります。これに伴い中学英語の難化も予想されますし、教育再生実行会議の提言によると中学校でも英語の授業は英語のみで行われることが取り上げられています。
 同じく2020年度大学入試では、センター入試が廃止され学力評価テストが導入されます。そのなかでも大きな目玉とされる英語の試験は、4技能「読む」「聞く」「書く」「話す」力を総合的に評価する試験となるようです。
 今までの知識・暗記型の学習だけは対応できない、「対話する力」「発表する力」を育てることが求められています。


英語の重要性 受験でも社会でも

高校になって文系にも理系にも欠かせない重要教科である英語。英語ができれば大変有利に受験に臨むことができますね。入試改革により求められる力は英語をツールとした発信力であり、それはグローバル社会における日本の国際化に対応する力ともいえます。多くの外国人が訪れる日本。オリンピックに向けてますます加速するであろうこの国際化の流れのなか、次世代の子どもたちが大きくなるころには当たり前のように英語がとびかう社会になっているかもしれません。



本当に必要?低学年からの英語教育

 そもそもなぜ小学校にまで英語教育が下りてきたのでしょうか?国際化・グローバル化が進む日本において英語を話すことの重要性が認識されてきました。3年以上長い人なら10年以上も英語を学習してきたにもかかわらず英語を話せない日本人。この教育の在り方が改めて問われ始めたからなのです。では、なぜ低年齢からなのでしょう?時間が足りないからでしょうか?授業内容に問題があるからでしょうか?

それは言語習得におけるナチュラルプログレスが関連しているのです。



言語獲得のナチュラルプログレス(自然な過程)

 赤ちゃんはおなかの中にいるときから耳にしている母国語を1,2歳の頃には口にだしお話しできるようになります。そして成長とともに絵本の読み聞かせなどから文字に触れるようになります。耳にしている言葉と文字の一致がうまれ、そして書くことにつながってゆきます。


 ネイティブの話す英語を自然に理解できるようになるには約3000時間のヒアリングが必要とされています。1日10時間英語を聞いたとして300日。1年外国にいると耳が慣れるとよく言われるのもうなずけますね。



子供のうちにやれること。こどものうちだからこそできること。

 幼児期の子どもたちは抜群に耳が良いのです。聞いた音をそのまま口から発話することができます。そして繰り返し学習が効くのも8歳児くらいまでです。 この時期にたくさんの英語に触れインプットすることは理にかなった効率の良い方法です。ですから「聞く」「話す」ことに関しては低年齢の子どもたちこそ適齢期といえるでしょう。



英会話と学校英語のギャップ

 「英会話を何年もしてきたのに、中学校のテストでは点が取れません。」というお話はよく耳にします。それは中学校で学習する文法はナチュラルプログレスの先にある学習だからです。日本語の喋れる日本人すべてが国語のテストで良い点がとれるでしょうか?会話と文法が同じではないことをしっかり認識しなければいけません。文法で点数をとるためには、学習方法そのものが根本的に異なることを理解しましょう。そこさえしっかり押さえれば、もともと英語が好きな人ならあっという間に得点アップです。点数が取れない人は、英語の勉強方法がわかっていないケースが大半です。



ビーゼミナールの小学英語教育とは・・・

1年生〜3年生  たくさんの英語に触れましょう!歌やチャンツ、お話し、ゲーム中心の授業です。異文化に触れながら英語に対する興味関心を育てましょう。 『英語の楽しさの発見!英語で発表することで自己表現できる喜びを知る。』がテーマです。 耳の良い時期にたくさん英語に触れ口に出すことで英語耳を育てましょう。そして毎回の楽しいグループ授業の中には必ず発表する時間があります。英語学習を通じて自分の伝えたいことをみんなに聞いてもらう、そして互いに認め合うことでコミュニケーションの土台となる力と姿勢が養われていくのです。社会に出る際に、最も身につけていきたい力を、英語学習を通じて獲得していくことができます。

4年生〜6年生  リズムよく音読しよう。英語をスラスラ読めるようになろう。そしてたくさん英語を書こう!『中学英語につながるスムーズな読み書きの導入』がテーマです。ビーゼミナールの小学英語の目標は中学校に行っても点数の取れる生徒の育成です。テストで点数をとるために必要な慎重に文章を仕上げる姿勢、見直す癖、丁寧に書く気遣い、わからないときは自分で調べるといった学習姿勢を定着させ4技能それぞれバランスよく育てていくカリキュラムです。

 



フォニックス学習のすごさ。

 ビーゼミナールの小学英語の基礎にあるのはフォニックス学習です。アルファベットの読み方を覚えて、約70個あるルールをマスターすれば知らない単語だってスラスラ読めるようになります。他国の英語教育現場では必ず最初に習うはずのフォニックスですが、日本の中学校では時間の関係でほとんど時間を取れていないのが現状です。英語をスラスラ読めることで、単語を書いたり暗記したりする作業がスムーズにおこなわれます。

 



4技能の力をつけて、羽ばたけ未来の国際人!

 子どもたちはこれから長い時間英語に関わっていきます。そしてその内容は保護者の方たちの学習したものと大きく変わろうとしています。子どもたちの英語における「聞く」「話す」「読む」「書く」4つの力を伸ばしていかなければなりません。ビーゼミナールの小学英語は、それぞれの成長段階に合わせた内容となっており4つの技能をバランスよく効率的に学習することができます。
 英語をツールとして使いこなし、相手の意見を理解して自分の思いを伝えそして議論する、そんなことが当たり前のような社会はもう目の前まできています。自分たちの世界観をどんどん広げて国際社会にどんどん羽ばたいて欲しいと心より願っています。



ビーゼミナール 英語教育のステップ

◆小1・小2  ゲームや歌、工作など楽しいレッスンをしながら英語をどんどんアウトプットしましょう。フォニックスルールの基礎を習 得します。子どもたちは英語の授業が大好きです!そこには 「学ぶ=楽しい」があふれています。

◆小3・小4  フォニックスルールをさらに学習することにより、知らない単語もどんどん読めるようになります。3文字単語なら音からスペルを発見することだってできちゃいます。ローマ字ヘボン式をマスターし、辞書引きなどを通じてわからないときは自力で調べる学習姿勢を養います。

◆小5・小6  会話と文法学習をおり交ぜながら、「書く」練習を積極的に取り入れています。簡単な自己紹介ならすらすらといえ、自己 発信力をつけていきます。文法学習もスタートし中学校の教 科書をつかった学習をとりいれ勉強効率の良いノートのと り方や予習の仕方も学びます。

◆ ビーゼミナールの小学英語では、グループ会社のミネル・ワールド学院の協力のもと外国人講師を招いて英語イベントなどを行っています。またミネル・ワールド学院はJr.英検や英検の試験会場にもなっており、ビーゼミナールからも参加することができます。

まずは体験授業をうけて英語の楽しさを実感してください。
クラスレベル・開講クラス曜日等など詳細はお問い合わせください。