高校部

高校部について

私たち高校部は、高い志を持って高校に入学した皆さんの、更なる飛躍に力添えをしていきたいと考えています。鳥取で進学指導にあたってきた私たちは、鳥取の子どもたちの能力の高さと、学ぼうという志の高さに確信を抱いています。

鳥取の中で競争をしていた中学校までとは異なり、大学受験では全国の高校生たちがライバルになります。そこで求められるのは、テクニックに頼った頭の良さや、要領よくその場その場をしのいでいく力ではありません。 ひとりひとりが、「やりたいこと」や「目標」を見つけ、本気でぶつかっていける力強さ。なりたい自分になるために努力を惜しまないこと。強い信念を持った生徒こそ、難関を突破して将来を拓いていくことができるのです。

私たちは、学校のテストで高得点を取ることだけを目標にしているわけではありません。また、大学受験に合格できれば、それで勉強が終わるとは思っていません。大学に入ってからも、社会に出てからも、常に勉強し続けることの大切さを、生徒に対して語り続けています。自らの意志で学び続け、それを社会に 提供できる人間に育って欲しいからです。 高校時代までの勉強とは、自分のやりたいことを模索し、社会に出るまでの基礎体力を作っていく期間だと考えています。私たちは、難関に挑むことを通じて自分を鍛えていく高校生たちを、全力で支援していきます。

―定期テスト対策から難関大学入試まで、トータルにサポート―

中学校までとは比べ物にならないくらいのハイレベルな内容を消化しなければならない高校生。部活も学校行事も全力でこなしながら、学校の内容についていくのは、とても大変なことです。

学校の内容の定期テスト対策から、難関大学の受験対策まで、それぞれの生徒が立ち向かう課題は様々です。Beeゼミナールでは、ひとりひとりの生徒の学習到達度を把握し、対話を通じて個々にあった学習プランを提案していきます。学校の内容もしっかりと理解しながら、志望大学の受験へと無理なく橋渡しできるよう、きめ細かくフォローしています。

―「進路指導」へのこだわり―

大学卒業の先にある働き方、生き方は一昔前に比べ多様になりました。それにともない進路選択は広く複雑なものになっています。毎年のように変化する入試システム。AO、推薦、一般、センターなど多種多様な入試制度、あふれ出る情報、時代のうねりから鳥取の高校生は置き去りにされている危機感を私たちは持っています。

高校部は、自分が何をやりたいのかやりたくないのか、といった出発点から志望大学、センター試験の結果を受けての最終的な出願校決定、合格まで塾生一人ひとりに寄り添っていきます。膨大な大学情報から個々に必要とされる情報を把握し、アドバイスをしていきます。

―本当の「個別授業」―

Beeゼミナール高校部は、講師1人に生徒2人までの個別授業もおこなっています。同じ個別スタイルの学習塾でも、実は講師が巡回しながら、自習の質問対応を 行っているだけの塾や、講師が生徒のとなりにいるだけの塾や、一通りの解説を聞くだけで授業が終わってしまうスタイルの塾が大半なのです。(そのあたりが 「個別」で教わっているのに成績がなかなか上がらない理由かもしれませんね)Beeゼミナールの完全個別授業は、講師がホワイトボードを使用し、つきっきりで授業を行います。決して講師の歩いている姿を眺めているだけになったり、一方通行の授業になったりすることはありません。

―毎日利用できる「自立学習スペース」―

部活に熱心に取り組み、帰るとクタクタ。家に帰ると勉強が手に付かない。そういう声をよく耳にします。また、一人で勉強していると、分からない内容があってもそのままになってしまいます。  私たちは、生徒が「頑張りたい」と思ったときに、その気持ちを最大限に活かせる環境を整えてあげたいと願っています。そのために、広い「自立学習スペー ス」を準備することにしました。毎日無料で自習のための部屋を開放し、気軽に質問や相談に乗ってもらうことができます。同じく自習に来ている仲間の姿を見 て、意欲をかきたてられることは間違いありません。授業の前後の空き時間を活用でき、部活が終わった後に気軽に立ち寄れるように、生徒にとって居心地の良い空間を作っていきます。

―ハイレベル講師による徹底指導―

指導を行うのは、進学校・有名大学を卒業したハイレベルな講師陣。ひとりひとりが、教育に対する確固たる信念を持ち、生徒を伸ばしてあげたいという熱い想いを持っています。労力を惜しまず、時には深夜まで議論を重ねながら、生徒を伸ばすための方法を考え抜いています。  また、Beeゼミナールの講師たちは、誰よりも努力家で勉強熱心です。変化を続ける社会の中で、生徒たちを本気で支援しようと思えば、講師自身が人一倍の努力をしていかなければならないからです。私たちが生徒に対し、勉強し続けることの大切さを説き続けるのは、勉強することの本当の意義を伝えたいと願っているからです。