中学部スタッフ紹介

Beeゼミナール中学部の講師をご紹介します。

中学部山口先生(塾長)中学部山口先生(塾長)
Q この塾を創立して、多くの生徒に対して色々なサポートをおこなってきましたね。そのような中で、鳥取の生徒たちに対してどのように感じますか?
Answer
県外に出て、いろんなものを見たり聞いたりし、いろんな人に出会って世界の広さを感じて欲しいです。
また、周りにどんな人が居ようが、一歩前に出る勇気を持つ人になって欲しいです。10人中9人が反対でも、自分が正しい道だと確信できるのであれば、たとえ1人でも選んだ道を進んで欲しいです。


Q 生徒や保護者からの言葉の中で、一番うれしかったのは
どのような言葉でしょうか。
Answer
「Beeゼミナールを必要としています。」というストレートな言葉が一番うれしいですね。「あと1年早くBeeが出来ていたら本当に良かったのに」とか「塾を変わったことによって未来が変わりました」など多くの言葉をいただき、その度に胸が熱くなりました。
Beeに関わる全員でそんなステキな心を共有できれば最高ですね。

中学部岸田先生中学部岸田先生
Qいつも明るい笑顔で、元気いっぱいの岸田先生。
そのエネルギーはどこからわいてくるのですか?
Answer
元気いっぱい通ってきてくれる子どもたちからエネルギーをもらっています!「疲れたなあ」と思うときも、子どもたちと一緒にいるとあっという間にニコニコ笑顔になりますよ。Beeゼミに通ってきてくれる子どもたちは、みんなとっても元気で、素直なんです。もっと一緒に楽しく過ごしたい!泣いてる子どもがいたら、元気づけてあげたい!こういう気持ちでいるから、自然とエネルギーがわいてくるんだと思います。


Q 「実感算数」「こくごの達人」など、鳥取では目新しい試みに取り組んでいますね。
指導していてどう感じていますか?
Answer
たくさんのお子さんが体験に来てくれたのですが、みんな帰る時は「楽しかったあ」と言ってくれました。そうなんです!学ぶって本当はたのしいことなのです。楽しいからもっともっとやりたいし知りたいですよね。それでどんどん頭が良くなるなんてなんてすごい!の一言に尽きますよ。(笑)思考力は8歳までに形成のピークをむかえるそうです。ですから低学年のうちに実感算数・こくごの達人でしっかりかんがえる力を養っていってほしいと思っています。

中学部木村先生中学部木村先生
「楽しく通いやすい塾」を目標に日々、子ども達と接し授業を行っています。

わかった時・難しい問題が解けた時など、勉強の楽しみは、ひとり一人感じる部分はさまざまだと思います。何をきっかけに見つかるかは分かりません。

そのためにも、コミュニケーションをしっかりと図っていくことで、子どもたちの変化や成長を敏感に感じ取り、授業だけでなく声かけも行っています。


中学部小谷先生中学部小谷先生
毎日、エキサイティングな想いや経験をしています。
おもしろい、くやしい、悲しい、すごく楽しい。
塾生達と様々な経験をしながら、一緒に歩んでいきたい。

勉学を通し、やりきる力をつけ、それぞれがそれぞれの「目標達成」へ。
こういった環境をつくりつづけることでお役に立ちたいと考えています。

大切にしていることは、勇気を持った一歩を踏み出しつづけること。
そんな「アツさ」を持ち、これからも精進して参ります。


小学部小谷先生
塾の授業を通じて、生徒の皆さんにひとつでも多くの科目を得意科目にしてもらいたいと思っています。私自身もそうでしたが、得意科目・自身のある科目の授業は楽しいですし、「早く次の授業を受けたい」と思うものです。

生徒の皆さんにその感覚を持ってもらうため、授業では分かりやすく丁寧な説明を心掛けています。

得意科目を増やし「勉強って楽しい」という実感を得てもらうため、生徒ひとりひとりをサポートしていきたいと考えています。


小学部小谷先生
時間というものは限られています。学校生活は長いようで短く、過ぎてみればあっという間だったと感じる人も多いと思います。その限られた短い時間の中で勉強は大きなウエートを占めています。塾では一回一回の授業の中で何かひとつでも出来るようになり、学んでほしいと思います。そしてどうせ勉強するのであれば是非楽しんでやってほしいです。

こちらも有意義であったと思ってもらえるような授業をできるように生徒と一緒に常に勉強し続けたいと思っています。