中学部スタッフ紹介

Beeゼミナール中学部の講師をご紹介します。

中学部山口先生(塾長)中学部山口先生(塾長)
Q この塾を創立して、多くの生徒に対して色々なサポートをおこなってきましたね。そのような中で、鳥取の生徒たちに対してどのように感じますか?
Answer
県外に出て、いろんなものを見たり聞いたりし、いろんな人に出会って世界の広さを感じて欲しいです。
また、周りにどんな人が居ようが、一歩前に出る勇気を持つ人になって欲しいです。10人中9人が反対でも、自分が正しい道だと確信できるのであれば、たとえ1人でも選んだ道を進んで欲しいです。


Q 生徒や保護者からの言葉の中で、一番うれしかったのは
どのような言葉でしょうか。
Answer
「Beeゼミナールを必要としています。」というストレートな言葉が一番うれしいですね。「あと1年早くBeeが出来ていたら本当に良かったのに」とか「塾を変わったことによって未来が変わりました」など多くの言葉をいただき、その度に胸が熱くなりました。
Beeに関わる全員でそんなステキな心を共有できれば最高ですね。

中学部森本先生中学部森本先生
Q「わかりやすい!」と、とにかく評判の森本先生。
指導の時に気をつけているのはどのようなことですか?
Answer
生徒一人ひとりが抱える問題−姿勢を正し顔を上げて授業を聴く、自学自習の姿勢を身につける、国私立難関校突破のための具体的な学習法をアドバイスするなど−の解決に向き合い、ともに悩み、そこから逃れようとしている者には怒り、解決されたときにはともに喜ぶように心がけています。「自己実現のために走り続ける子どもたちの先導者であり伴走者であろう」これが指導のモットーです。
 こうした関係は、教える私と教わる生徒と、あるいは学ぶ仲間としての生徒同士の「信頼」に基づくと考えています。この「信頼関係」をいかに築いていくか、またそのためのコミュニケーションをどう図っていくか、これが指導上もっとも留意していることです。
 そのためには、私自身が「学ぶ」姿勢を保ち続けることが大事であると考えています。それは,知識や教養・指導技術のみならず、生徒たちの反応や私に投げかけられた評価を手にすることによって自己を振り返り、冷静に見つめ直す姿勢、子どもたちからも学ぶ謙虚な姿勢です。これこそ指導者として必要不可欠の資質ではないかと強く思っています。


Q 森本先生は、昔、京都の塾でも教えていたことがあるそうですね。
鳥取の塾で教えることのやりがいとは、どのようなものですか?
Answer
鳥取の塾で教えることのやりがいとは、子どもたちの「世界観の拡張」をサポートすることにあると思っています。 彼らや彼女らは自分たちが体験したことにもとづき、生活している場−学校や地域社会−についての固定的なイメージをもってしまうものです。 たとえば、鳥取では大学進学を考えれば進路選択の可能性が二校に限定されているため、西高や東高に進学できさえすればよいとったように、生徒が自己の発展可能性を閉ざしている傾向が見られます。しかし、現実には、自己実現に向けての多様な選択肢−京都では、大学進学を念頭に置いた場合、公立校U類、探究学科がある市立高、教育大学附属校、洛南のような私立難関校、立命館や同志社のような私立大学併設校などがある−の中で葛藤し、決定した志望校突破に向けて日々研鑽を積んでいる−受験勉強を嫌だと思っている生徒は一人もいませんでした。
「なりたい自分」を考えていてそのためにがんばるんだという気持がひしひしと伝わってきました−中学生たちがいます。彼ら彼女らが、自分たちの将来のために何を考え、どのような勉強をして難関校に突破し、高校卒業後どのような大学に進学したかを指導・支援してきた一人として、その現実を伝えていくことにより、鳥取の子どもたち一人ひとりに、自己実現に向けての新たな学ぶ意義や進学目標を見つけ出す「気づき」を与えることができればと考えています。

中学部岸田先生中学部岸田先生
Qいつも明るい笑顔で、元気いっぱいの岸田先生。
そのエネルギーはどこからわいてくるのですか?
Answer
元気いっぱい通ってきてくれる子どもたちからエネルギーをもらっています!「疲れたなあ」と思うときも、子どもたちと一緒にいるとあっという間にニコニコ笑顔になりますよ。Beeゼミに通ってきてくれる子どもたちは、みんなとっても元気で、素直なんです。もっと一緒に楽しく過ごしたい!泣いてる子どもがいたら、元気づけてあげたい!こういう気持ちでいるから、自然とエネルギーがわいてくるんだと思います。


Q 「実感算数」「こくごの達人」など、鳥取では目新しい試みに取り組んでいますね。
指導していてどう感じていますか?
Answer
たくさんのお子さんが体験に来てくれたのですが、みんな帰る時は「楽しかったあ」と言ってくれました。そうなんです!学ぶって本当はたのしいことなのです。楽しいからもっともっとやりたいし知りたいですよね。それでどんどん頭が良くなるなんてなんてすごい!の一言に尽きますよ。(笑)思考力は8歳までに形成のピークをむかえるそうです。ですから低学年のうちに実感算数・こくごの達人でしっかりかんがえる力を養っていってほしいと思っています。

中学部木村先生中学部木村先生
「楽しく通いやすい塾」を目標に日々、子ども達と接し授業を行っています。

わかった時・難しい問題が解けた時など、勉強の楽しみは、ひとり一人感じる部分はさまざまだと思います。何をきっかけに見つかるかは分かりません。

そのためにも、コミュニケーションをしっかりと図っていくことで、子どもたちの変化や成長を敏感に感じ取り、授業だけでなく声かけも行っています。


中学部小谷先生中学部小谷先生
毎日、エキサイティングな想いや経験をしています。
おもしろい、くやしい、悲しい、すごく楽しい。
塾生達と様々な経験をしながら、一緒に歩んでいきたい。

勉学を通し、やりきる力をつけ、それぞれがそれぞれの「目標達成」へ。
こういった環境をつくりつづけることでお役に立ちたいと考えています。

大切にしていることは、勇気を持った一歩を踏み出しつづけること。
そんな「アツさ」を持ち、これからも精進して参ります。


小学部小谷先生
塾の授業を通じて、生徒の皆さんにひとつでも多くの科目を得意科目にしてもらいたいと思っています。私自身もそうでしたが、得意科目・自身のある科目の授業は楽しいですし、「早く次の授業を受けたい」と思うものです。

生徒の皆さんにその感覚を持ってもらうため、授業では分かりやすく丁寧な説明を心掛けています。

得意科目を増やし「勉強って楽しい」という実感を得てもらうため、生徒ひとりひとりをサポートしていきたいと考えています。


小学部小谷先生
時間というものは限られています。学校生活は長いようで短く、過ぎてみればあっという間だったと感じる人も多いと思います。その限られた短い時間の中で勉強は大きなウエートを占めています。塾では一回一回の授業の中で何かひとつでも出来るようになり、学んでほしいと思います。そしてどうせ勉強するのであれば是非楽しんでやってほしいです。

こちらも有意義であったと思ってもらえるような授業をできるように生徒と一緒に常に勉強し続けたいと思っています。